でこすけの日々

放置かよぉ!!

虎太郎は、3ヶ月に1度の血液検査。

脱毛の進み具合が激しく、ステロイドの副作用からくる
クッシングが心配なところですが
クッシングの治療には、まずステロイドを止めないといけません。

虎太郎の病気はステロイドでコントロールしているので
見た目よりも、肉芽腫のコントロールが最優先です・・・。

先生も、もう少し様子を見て、クッシングが疑わしいようなら
検査をし、しっかりと対処をして下さるとおっしゃっていたので
オロオロせずに、虎太郎のちょっとした変化に気づけるように
これまで以上にしっかりと、観察をしていかねば!!

でも虎太郎は免疫不全疾患がある子に与える量よりも
はるかに少ない量で、コントロールをしているそうなのです。
普通なら、今よりも倍以上らしいので、↓な要素ばかりでもないですよね。


ただし、肝臓を診るいくつかの項目があるのですが
1つだけ、肝不全に見られる低数値なので
残念ですが、虎太郎の血液検査は3ヶ月間隔ではなく
2ヶ月間隔に逆戻りです・゚゚・(×_×)・゚゚・。

でも、他の数値は異常に悪いとかはなく
貧血も治まってきているようだし
病気と共存の虎太郎の宿命なのかもしれません。

会計時、フィラリアの薬を入れてもらう袋から
なぜか1包余分に入っているのが判明。

虎太郎の日誌を付けているので、投薬忘れはありえないのだけど
どうしてだろう??
先月から量が増えているので、謎の1包は先々月までの量だし
なんでー!!
ということで、その1包は病院にお返ししました・・・。


さてさて、タイトルの「放置かよ!!」ですが
待合室で耳にした衝撃的なお話・・・。

パグを連れてきていた、人の良さそうなおじいさん。
どうやら耳の中が腫れているようで
まずは腫れをひかせるために、薬を処方する旨の話を先生としていたのですが
明後日から数日、留守にするらしいのです。

で、その間、薬をあげられないなーみたいな話をしていたので
私は「????」となりながら、聞いていたのですが

先生:「ワンちゃんは、どなたかお世話してくれる人がいるのですか?」

おじいさん:「いや、別に。誰もいないよ」

先生:「ワンちゃんはどうされるのですか?」

おじいさん:「そのまま、置いてきっ放し」

先生:(一瞬、絶句で間があき)「そっそうですか・・・(冷や汗)」

えええ!!! ありえないでしょう!!と内心びっくりな私・・・。

数日間、放置されるパグちゃんって・・・。


そんな飼い主もいるのかと、衝撃を受けてしまいました。
病院にはホテルもあるのだから、預ければよいのに・・・。

近所に息子さんがいるらしい話をしていて
先生も、できれば息子さんにご飯と一緒に薬をあげてもらうようにと
話はしていたけど、大丈夫かな・・・。
[PR]



by deko-taasan | 2007-09-20 20:56 | sick relation

病気になんか 負けないよぉ!        虎太郎との愉快な&ドタバタな  日々の生活
by deko-taasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Links

















幸せの703号室

クドリャフカ
→作者 凡 さま


WALKING TOUR


 =Dachs Friends=

RAINBOW
★Mダックス虎太郎と
愉快な夫婦♪



= Sozai =







天然温泉・しろおの湯



dekodeko.exblog.jp

My new historyさんにて
Linkバーナーを作って頂きました

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧